自由なデザインでオンリーワンのオリジナルTシャツ

様々なイベントや記念日等で配られたりする、実用ある記念品のオリジナルTシャツ。いざ作る側に回ったとき、どのようなポイントに気を付ければ世界に一つだけのオリジナルTシャツが作れるのでしょうか。オンリーワンを目指すにあたり一番大切なのは、なんといってもデザインです。絵心がある方はもちろん自分で描いたイラストを使用すれば、それだけで世界に一つだけのオリジナルTシャツになります。では絵心に自信のない方はどうするかというと、誰かに依頼して描いてもらうか、フリー素材と明記してあるイラストを使用することをお勧めします。絵を描くというだけなら模写という方法もあるのですが、著作権等の問題がある為、出来ればフリー素材と明記してあるか、完全自作・依頼して描いてもらったイラストを使う方が良いでしょう。

オリジナルTシャツのコストを抑える方法

デザインが決まったらオリジナルTシャツを作る訳ですが、ここで問題となるのがコストです。如何に経費を抑えるかというのはいつどのような場面でも重要な要素で、オリジナルTシャツも例外ではありません。そこでまず確認しなければならないのは、オリジナルTシャツを何枚作るのかという事です。大人数に配る、クラス行事で使う等、何十枚も作る必要があるのであれば、オリジナルTシャツの場合は業者に任せてしまった方が品質はもちろんコストも抑えることが出来ます。その際になるべく単純なデザインにして色の数を抑えたり、そもそも単色で依頼したり、あるいはTシャツそのものの生地を薄いものにする事で、さらにコストを抑えることが出来ます。ただし、特に生地についてはTシャツとしての丈夫さに直結しますので、その後の事も考えて必要な経費かどうかを判断した方が良いでしょう。

オリジナルTシャツをコスト低めで作る方法

前の段では大量生産が必要な場合のコストの抑え方を紹介しましたが、次は作る枚数が数枚、あるいは1枚だけの場合です。もちろん1枚から発注を受け付けてくれるオリジナルTシャツ作成業者も存在しますが、色の数やデザインにこだわりたい場合は、やはり手作りの方が色々と細かいところまで調節が可能です。具体的な方法としては、パソコンとプリンターが使えるのであればアイロンプリントが最も手軽で綺麗に作れるのでお勧めです。必要となるプリントペーパーも100円均一ショップやネットショップでも販売されているので、家にあるプリンターに合う物を購入しましょう。また、オリジナルTシャツを作るという体験自体がイベントであるなら、お勧めはステンシルプリントです。デザインの時点で単色かつ単純なものにする、という工夫は必要ですが、部屋の換気や道具の準備などをしっかりとしておけば子供でも出来る簡単な方法となります。