必要な時に必要な数だけ作れるオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツはほとんどの業者で1枚から作ることができます。1枚だとコスト的には割高になってしまいますが、世界に1枚だけのオリジナルTシャツを手に入れるのもいいのではないでしょうか。スポーツチームやイベントで使うTシャツをオリジナルで作ったり、おじいちゃんおばあちゃんの長寿のお祝いの記念に作る方もいます。納期は最短で2日などと掲げる業者もあったり、急ぎの注文には対応してくれる場合もありますので、迷ったときは相談してみましょう。オリジナルTシャツを手掛ける業者は多く、自分の好きな時に必要なものを手に入れることができるのです。自分で考えたデザインはもちろん、既成のデザインを組み合わせて作ることもできますので、自分好みに自由にカスタマイズしたデザインを楽しむことができます。

デザインや作製枚数の違いによる印刷方法の選び方

シルクスクリーンという技法は仕上がりや耐久性の良さに定評があります。ただ、1色ごとに版を作製する必要があるため、オリジナルTシャツの場合は多色になるほど、コストは高くなっていきます。デジタル転写プリントは専用シートにイラストなどを印刷し、生地に糊で圧着させる方法です。こちらはフルカラー印刷で細かい柄なども再現できるので写真プリントに適しています。また、色数による価格の変動も生じません。インクジェットプリントは家庭用のプリンターでも用いられる方法の一つで、熱や圧力で微粒子にしたインクを生地に吹き付ける方法になります。色を直接吹き付ける技法のため、写真やイラストの再現に優れています。版は使わず、一枚ずつインクを吹き付けるため、枚数分のインク消費がされることを考えると少量生産に向いています。

オリジナルTシャツを安く作るためには

まずはどこに注文をするかがポイントの一つになってくるのですが、やはり実店舗よりもインターネットショップの方が割安な傾向があります。また、自社工場をもっている業者であれば更に安価が期待できます。また、オリジナルTシャツは生地によって価格が変わってきます。ドライメッシュ加工されたものやポリエステル、レーヨンなどの素材を使用したものもありますが、価格的には綿素材がいいでしょう。ただし、綿の中でも生地の厚さは様々あり、安価になるほど薄い生地になると考えましょう。イメージと違っていたというようなことにならないように、価格と合わせて事前によく確認することが大切です。業者によっては定期的にセールを行う所も多々ありますので、急がない場合は、そういったサイトを定期的にチェックしておくのもいいでしょう。