オリジナルTシャツ便利な発注方法

オリジナルTシャツを作ろうと業者に頼む際、一番大きく値段を左右するのはTシャツそのものの値段です。一口にTシャツといっても生地や形、サイズなどいろいろとあります。オリジナルTシャツ作成業者さんでも様々なアイテムを取り扱っています。中には持ち込みのTシャツを引き受けてくれるところもあります。安いTシャツを使えば当然安く仕上がりますが、洗濯したらすぐにヨレてしまった、なんていうことになってしまう場合もありますので、安ければいいというものでもありません。イベントなどで一回着られればそれでいいというのなら値段優先で構いませんが、長く愛用したいと思うのならば少々高くても良い生地を選んだ方がいいでしょう。予算と用途に合わせてシャツを選んでいきましょう。Tシャツ以外のアイテムも扱っているところもありますので、色々と見てみるのも面白いかもしれません。

オリジナルTシャツのプリントコストを抑えるには

一般的にオリジナルTシャツを作る際のプリント代はプリント箇所やサイズ、インクの色数によって変わります。一箇所いくら、何センチ以内いくら、一色につきいくらというように値段設定をしているところがほとんどです。Tシャツの前だけにプリントするのか、後ろや袖口にもプリントするのかで随分値段が変わります。安く抑えようと思えば一箇所のみにすること。それからお願いする業者のサイズ規定をしっかり調べてそれ以内に収めることです。インクの色数については、オリジナルTシャツプリントで一番一般的なシルクスクリーンというプリント方法を使用した場合の話になりますが、色ごとに版を分けてプリントするため、色数を増やせば増やすほど値段は上がっていきます。よって、できるだけ少ない色数でデザインすることがコストを抑えるコツになります。

プリント枚数を増やせば一枚あたりのコストは安くなります

オリジナルTシャツ作りではシルクスクリーンというプリント方法が使われることが多いのですが、その場合、版を作って印刷しますので、製版代+印刷代×枚数という値段設定になります。つまりプリントする枚数が多ければ多いほど一枚あたりのコストが安くなります。枚数が少ない場合には別のプリント方法を選んだ方が安くなる場合もありますので、検討してみてください。熱転写プリントやインクジェットプリントなどいろいろ取り扱っている業者もあります。また、デザインの作成や修正を業者にお願いする場合も、コストがかかります。できるならば、完全に出来上がった状態のデザインをそのままデータ入稿するのが良いでしょう。デザインの仕方によっては、Tシャツの地の色を利用して一色多く使っているようにすることもできるでしょう。そのようなデザインを自分で作ることができれば、安いけれどおしゃれなオリジナルTシャツを作ることも容易です。