オリジナルTシャツが完成するまで

オリジナルTシャツを作るには、自分で手作りをする場合と、業者に委託をする場合の2通りの方法がありますが、業者委託の場合、更に、店舗に出向いて作ってもらう方法と、店舗には出向くことなくインターネットを通して依頼できる方法があります。今回は、この中から自作する場合とインターネットで依頼する場合の2つの方法を比較して、オリジナルTシャツが完成するまでの流れをご紹介します。趣味でとっておきの1枚を仕上げるのであれば、コツコツと自分で作成する方法を、大量のTシャツをハイクオリティーに仕上げるのであれば、プロの業者に委託して作成する方法を選ぶというように、自分のとっておきの1枚が欲しいのか、チームの団結を高めるために必要なのか、オリジナルTシャツを作ることとなった動機を明確にして、予算、出来上がりまでに要する時間などから、どちらの方法が自分に合っているのか考えながらご覧になってください。

自作でコストを抑えて、オリジナルTシャツを完成させるには

自分の手で好みのオリジナルTシャツを作る場合、方法としては、1番簡単なのが、市販のTシャツにプリントシールなどを転写していく方法です。自宅にアイロンさえあれば、ハンカチなどで当て布をしてTシャツに簡単に好みの絵柄をつけることが出来ます。手先が器用な方であれば、好きな形に切ったシートを用いてアイロンの熱で貼り付けて作る方法もあるので、ぜひ、そちらもお試しください。又、せっかくのオリジナルTシャツだからと、もっと本格的な仕上がりを目指している方には、版画の技術の1種であるシルクスクリーンをお勧めします。他の方法に比べて難易度は高めですが、上手に作業を行えば、本格的な仕上がりになります。シルクスクリーンの材料は、百均でも売っている木枠等で代用すればコストも掛かりません。インターネットでシルクスクリーン用のキットも安価で売っていたりするので、そういったものを利用してコストを抑える方法もあります。

インターネットで依頼し、オリジナルTシャツを完成させるには

学祭でクラス全員が着る為であったり、サークルで統一して着る為であったりと、一度に複数枚のオリジナルTシャツを作る場合は、業者委託するのがお勧めです。業者ごとに、価格やデザイン、注文から仕上がりまでの流れなどがそれぞれ違うので、それらを見比べて自分に合った業者を選ぶことが大切です。無料見積もりが可能であったり、ホームページから事前に仕上がりイメージを確認できる業者もあるので、それらを有効利用して自分に合った業者を選んでみることをお勧めします。委託業者が決まったら、メールが中心となって仕上がりイメージなどのやり取りが行われます。店舗まで足を運ぶことは基本的になく、パソコンやスマートフォン一つで気軽に注文できるのが、この方法のメリットの一つです。委託する枚数が増えるほどお得なプランが用意されている業者もありますので、ホームページを閲覧し、気になることは積極的にご質問してみてください。